硬貨を積む人

シェアハウス経営する時の注意点|時代に合わせた不動産投資で成功へ

保証人の代理システム

背広の人

家賃債務保証会社は入居したい人の審査をして、問題なければ利用することができます。基本的には民間のマンションなどに住みたいけれど、連帯保証人がいないと言う場合に利用される会社です。保証人の代わりとして使うことができます。

投資を楽しもう

模型とお金

みんなで大家さんは、非常に新しいスタイルの投資方法です。この方法は小口投資家として1つの物件に出資を行うもので、小口で参加できること、配当が収益として入ってくることなどが魅力的です。商品説明会も行っているのでまずは気になる部分を伺いに、説明会に参加してみましょう。

初めての人でもできる投資

男女

素人でも少ない自己資金で始めることができる不動産投資がマンション経営です。早いうちからマンション経営をしていれば、老後は充実した生活ができます。また、家賃保証などのサービスを活用することで空き室リスクをカバーできます。

最近人気の居住スタイル

レディ

トラブル対策を行う

今何かと人気にっているシェアハウスですが、経営は難しさがあります。若者を中心にシェアハウスを利用するケースが増加しています。家賃負担がシェアされるため、お得感が大きいのです。しかし一つの家に複数の人で居住する場合、様々なトラブルなどが発生する機会が生じます。シェアハウス経営はこのようなトラブルのリスク管理をしっかり行う事が大事なのです。最も多いシェアハウス経営でのトラブルは家賃滞納です。一人の家賃滞納があっても全体での家賃滞納につながります。金銭トラブルは傷を大きくする要素にもなりますので、今後それが元通りになる可能性は極めて低いのです。そのためシェアハウス経営を行う際には契約などを特別に結ぶことが大事なポイントになります。

マーケットで需要を確認

オーナー側でも家賃保証を利用するなどのリスク対策を行っておく必要があります。全額回収できない訳ではありませんので比較的審査も通りやすいのが特徴になっています。またメリットとしてシェアハウス経営は空室になることが少ないため、リスクになりにくい点があります。一方で新しい入居者を探すのが大変な面もあります。募集しても、個人で入居するより集まりにくいなどのデメリットも持っているのです。そのためエリアを絞るなどマーケット状況を見極めることが大事なポイントになります。若者が多いエリアなどでに人気の不動産などを構築することで需要は格段に高まります。不動産も今風でなければ需要は生まれないことなど工夫する点も必要になります。